2011年06月23日

こんにちは、ひぐちまりです。

西尾編集長

6月21日
ブライダル業界に
働く人の為の
勉強の場として
ブライダルビズネットが
提供している
ブライダルゼミで
「ブライダルプロトコールアドヴァイザーコース」を開催。

ビズネットの
西尾編集長のご挨拶より
始まりました。

実践
このコースは
新郎新婦に
結婚式の当日の美しい所作を
「お客様へのおもてなし」の表現として
身に付けられるようアドヴァイスできるようになることを
目指しています。

新郎新婦は事前に学ぶことで
当日なにより自信と気持の余裕が生まれ
自然と笑顔がこぼれます。

気品、優雅さ、エレガントさが
ブライダルプロトコールをみにつけているかどうかで
あきらかに違います。
アドヴァイス

アドヴァイザーコースは
|亮韻魍悗
⊆分が実践する
人に教える
の3段階構成。

これで、確実に
美しい姿勢とエレガントな所作を
まずアドヴァイスする
立場の人が身に付けられます。
「美しい姿勢って大切です」っていう人が
猫背だったら、説得力ないですからね。

多くの人はこの
,鉢△剖菠未ないようです。
知っている=できている 
と思ってしまう。

でも、
知っている 
と 
出来ているは
全く違う分野。
ココの区別がつかないと
知っていることばかり増えて
何をいわれても「はい、わかってます」とはいうけれど
結局は何も出来ない人になってしまいうので
気をつけたいですね。


ブライダルプロトコールアドヴァイザー集合写真
今回の参加者の皆さんは
アドヴァイスをすると
すぐ次の実践では修正され
大変意識の高い方達で
とても充実した時間となりました。


さらにコース終了した翌日に
全員の方が
「自宅で復習しました」
「今日会ったお客様に早速お話しをしました。」
「今週末のお客様に実際にアドヴァイスしてみます。」
とメールを下さいました。

さすがです。
違いを創るのは「行動」ですから。


下記、アンケートの抜粋です。

プロトコールという一つの言葉では知りえなかった
奥深さを学びました。
一つ一つが習得することで、人生を豊かにするものと感じました。
まずは、自分自身がみにつけ
主人にレッスンし
お客様へトすすめていきます。
実践力を育てるセミナーでした。 
(ウエディングドレスデザイナー)

知っていると思っていも、いざやってみると
以外と難しいと感じました。
またそれをお客様に伝えるには
説明方法、言葉使いに工夫が必要ですね。
ひぐち先生をみていて
自信に満ちたプレゼンテーションが
まさに「エレガント」を表現すると感じました。
(ウエディングドレスサロンオーナー)

動きはわかっていても
その動作を言葉で表現することは
難しいのと同時に、伝える為には
とても大切のことだと気がつきました。
自分の生活の普段の行動において
姿勢、上着の着脱、髪のまとめ方など
まずは自分が習得し、仕事にも活用していきます。
(パーソナルウエディングクリエーター)

以上、ご参加くださった皆様
ありがとうございました。

ブライダルプロトコールアドヴァイザーコースに
ご興味がある方
プライベートコースは随時開催していますので
お気軽にお問い合わせください。



(10:13)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ジェイディ   2011年06月23日 23:31
講座ではお世話になりました。
7月末に挙式予定のお客様がお二人でお見えになったので、早速ブライダルプロトコールについてお話してみました。
なぜブライダルプロトコールが必要なのかその意味をご一緒に考えた時、お二人とも納得され、熱心に耳を傾けてくださいました。
私も自身も仕事の喜びを感じました。ありがとうございました。
2. Posted by ひぐちまり   2011年06月26日 23:35
ジェイディさん、ご参加ありがとうございます。
また早々の実践
素晴らしい。

是非ブライダルプロトコールをお伝えすることで
お客様の満足度があがりますように。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字