2014年08月04日

こんにちは、
エンパワメントプロデューサー ひぐちまりです。


子供の結婚式がきまったのはうれしい。
でも、子供といはいえ、もう大人、
あまり口出ししてもうるさがられるだろうし・・・

でも、会社の方もお招きするなら粗相のないように
遠方から来てくれる親戚には失礼がないようにするのは
親のつとめ・・・
でも、最近の結婚式は自分のころとは随分違うらしい・・・
どうしたらいいの〜
誰に相談したらいいの〜

今の子供の結婚式を迎える親御さんって
こんな気持ちじゃないでしょうか。

お陰様で
「子供の結婚 親の役割がすべてわかる本」が
13刷となったのには
こんな背景があるのではないかと思います。

11__



わからないことには、賛成できない。
不安なときは、楽しめないのが人間です。

「結婚式で親に感謝を伝えたい」という
新郎新婦は相変わらず多いようです。
それを実現するには準備が大切。

準備とは、
結婚式準備について親に安心してもらえるよう配慮すること。
報告、連絡、相談ですね。
そして、当日に向けて準備を進める中で
親がやってくれることを
「当たり前」にするのでなく
ちゃんと感謝すること。

この本を買ってプレゼントするのもいいかも(^^)






(10:12)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字