2014年08月24日

こんにちは、
エンパワメントプロデューサーひぐちまりです。

情熱をもって取り組めるものを
座って待っていたって出会えはしない。

情熱は、ものや、事が与えてくれるものではなく
行動する自分から湧き出すものだから。

自信がないからと一歩ふみださなければ
自信がつくことなんてない。
がむしゃらにやりきったとき、
結果がどうであろうが、やりきった自分を誇りに思える。
それが、自分を一歩前に押し出してくれる。

もしかしたら
自信なんて行動とは
関係ないのかもしれない。

DSC06617


情熱をもち
やりきった人のきらめきをまとった
PSJ13期の卒業パーティにて。

PSは
パーソナルスタイリストの草分け
政近準子氏が学院長を務める学校で
日本全国から学びにやってくる。

ファッションを教えるだけではない。
ファッションを学び
自分と向き合うことで
覚悟を決めて人生を生きることを
学ぶ学校ともいえる。

みんな、
この学校が始まった
たった3カ月前とは
顔つきが違う。
存在感が違う。

情熱をもって取り組むこと
やると決めたことは
がむしゃらにやりきること。

それが次の壁にぶつかったときに
信頼できる自分を育ててくれる。

行動しよう!
情熱を発揮しよう!
がむしゃらにやてみよう!

きっと次の可能の扉がひらくよ(^^)

(22:03)

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字